| 

学資保険と大学入学

学資保険は、高校入学や大学入学といった一時的にお金を必要とする時までに資金を積み立てておける保険です。高校志望校が公立だから大丈夫、と思っていたのがうまくいかず、突然私立に変更になってしまったら、それまでの学習塾の月謝と合わせても出費は当然かさみます。大学となると、公立であっても入学金はかなり高いことになります。その18、19年後を見据えて子どもの小さなうちから資金を貯めていこう、というのが学資保険なのです。

学資保険の説明を見ていると、高校入学時にはいくら、大学入学時にはいくら、といった説明がされていますが、もし子どもが受験に失敗したら保険金はどうなるのでしょうか。また、最近は大学卒業者の就職率が低くなってしまっていますので、高校卒業で早目に社会に慣れたほうが有利である、とか、高等専門学校のほうが就職率が高くて安心だ、という進路変更もあるでしょう。

たとえそのような進路変更で大学に進学しないことになっても、18歳になれば学資保険の保険金は受け取れるのです。

大学合格や大学進学が条件にはなっていないので、心配要りません。女の子の場合なら、好きな人ができて結婚する可能性もありますから、そんな場合には結婚資金に流用できます。

学資保険の比較をするならば、生命保険や金融商品などトータルな視野で情報を集めていきましょう。保険商品ありき、ではなく、まずは自分のライフプランをしっかり立てた上で、それに合致した商品を見つけたいものです。

生命保険をきっちり選んで契約することを安易に簡単に考えないことです。無料の相談会に出向きファイナンシャルプランナーなどに頼んでみるのもいいことです。生命保険の見直しは相談することが大切です。保険見直しを試してみましょう。思わぬいい保険に入れるかもしれません。生命保険の見直しは悪くないことです。
保険見直しについて
hoken-erabi.net/minaoshi/
相続手続きについてきっちり覚悟して臨むことです。この話し合いについて早めに話し合っておけば心配するほどではありません。よくいわれる相続での苦労は誰の家であっても困る問題です。うまく収まるのかは相続対策つまり遺産相続の問題はこのように考えることが大切なことです。
相続コンサルについて
http://www.bird-net.co.jp/rp/SR961301.html

link/ 00/ 01/ 02/