| 

学資保険と保険返戻金

学資保険の目的のひとつとして、高校入学や大学入学といった費用のかかる時期に向けて資金を積み立てておくことです。入学金だけでも50万円、100万円といった高額になりますので、その場でひねり出す、という訳にもいきません。学資保険には、そうした学校資金を前もって少しずつ貯蓄して用意しておく、という意味合いがあります。

この貯蓄という観点から考えた時に、生命保険の返戻金というシステムを活用できるかもしれません。

貯蓄型の終身生命保険の場合には、一定の払込期間が過ぎると解約した際の返戻金が増えているものもあるのです。銀行の定期預金ほどの利率にはならなくても、死亡保障と資金の積み立てを兼ね備えていますので、子どもが学校に入学するまでの保障と、学校に入学する資金を貯蓄する意味で、生命保険の活用もできるでしょう。子どもが大学に入学するときの自分の年齢を計算して、どちらが有利になるのかを検討してみてください。

学資保険の比較をする際には、保険商品やその他の金融商品とあわせて最適なプランをたててみたいものです。子どもの教育費は、学習塾の月謝や大学の入学金など長期間に渡ってかなりの金額が必要になってきます。貧乏ゆえに短大や大学を我慢した自分の二の舞をさせたくない、と感じる方も多いことでしょう。自分の親も、そのようにして自分を育ててきてくれたのだ、と思えば、恩返しのつもりで資金を貯めていけるに違いありません。

スムーズに贈与を終わるにはその相続について気楽に考えないことです。相続税と贈与税に関する手続きは正面から向かい合うことがポイントです。多くの場合遺産相続や保険についての問題は資産をたくさん持っているのなら簡単な問題ではありません。相続対策についてあらかじめ考えておけば想像したよりスムーズかもしれません。-生命保険に加入するのは就職した時からが多いようです。生きている自分が必要とされる必要保障額をシュミレートする時です。そんな人生のターニングポイントで改めて保険を見直すようになるのでしょう。必要保障額をシュミレートする時です。生命保険を始めから勉強しましょう。-

link/ 00/ 01/ 02/