| 

学資保険と死亡保障

学資保険の目的のひとつは、扶養者が死亡しても子どもが教育を十分に受けられるように、というリスク回避の意味合いがあるといえます。親が死亡した場合に義務教育の中学までは何とかなっても、高校や大学となると片親の手に負えない場合も出てきます。片親が死んで肩身の狭い思いをしている上に、学校まで制限させてしまうのは親としてもつらいものです。そんな場合に学資保険に加入しておけば、契約者が死亡した場合にはその後の保険料支払いは免除となり、保険金は予定通り払われていくのです。

この死亡保障という意味合いで学資保険を考えた場合には、生命保険の死亡保障に通じる場合があるでしょう。子どもが学校に通う年代を過ぎるまで、親が生命保険に加入していれば、万一死亡したとしても死亡保障で生活も教育もまかなっていける金額が受け取れるかもしれません。定期生命保険であれば保険料も少なくて済み、いざというときの保障をしておけます。

学資保険の比較をする時には、生命保険もプランのひとつとして検討してみるものいいでしょう。親が25歳のときに子どもが誕生したとすれば、学費のかかる時期は親の30歳から50歳といった時期になるでしょう。その間、生命保険で保障をつけるのもひとつの方法といえます。学資保険も生命保険も、どちらも所得税控除の対象として申請できるのもポイントといえるでしょう。生命保険の保険金でもいざという時の学習塾の月謝や学校の入学金を払うことができるのです。

定期保険を使っての保険見直しはみんな苦労します。自分に合う定期保険商品を選ぶだけで随分と大変な仕事なのです。よく考えて選ぶことです。定期保険の検討は重要です。-保険見直し選択法、つまりどのようにして生命保険を選ぶのかは簡単なことではありません。生命保険の見直しは重要です。困ったならば生命保険見直しは大切です。-

link/ 00/ 01/ 02/