| 

学資保険保険料を所得税控除

学資保険の保険金が確定申告の対象となっていて、一定額を超えた金額には税金がかかると聞いてがっかりしたかもしれません。しかし、悪いことばかりではないのです。学資保険の保険料が、毎年の所得税の控除対象になっているのです。普段から確定申告されている方ならご存知だと思いますが、生命保険や社会保険の保険料は所得税の控除の対象となり、所得金額から引くことができます。学資保険も、生命保険料控除に含めることができるのです。

普段、年末調整をしているサラリーマンの方ならば、保険料控除証明書を保管しておいて、忘れずに提出するようにしましょう。生活に必要な経費としてみなしてもらえます。銀行に貯蓄しているだけだとこのような所得税控除の対象にはなりませんので、学資保険がいいのか、貯蓄がいいのかを検討する際に比較ポイントとして検討してみましょう。もちろん、貯蓄の場合は、銀行からお金を下ろしても所得とはみなされず、確定申告も必要ありませんので、どちらがよいのか難しいところですね。

学資保険の比較をするならば、子どもの将来の教育費用を保障できるぴったりの保険が見つかるでしょう。学習塾にいくのも、小学生や中学生のほぼ全員ともいわれる現在、公立学校に通っているからといってお金がかからない訳ではないのです。友達全員が塾に通っているのに一人だけ通わないとなると、友達さえできないことになりかねません。小さな頃から学資の備えをしておけば、周りの生徒と同じことをさせてあげられるでしょう。

これまで続けてきた生命保険や死亡保険を考えるにあたって失敗しないために重要にしないといけないのは告知義務違反をしないかを忘れないことです。体調が悪かったりそんな場合での生命保険見直しを見直すには告知義務も検討対象です。-保険の通信販売はいろいろなルートや場所で当たり前のことになってしまいました。生命保険やガン保険のネット通信販売においてはピッタリと思うような保険商品を選ぶことはそれほど苦労することでもありません。ネット生保の保険会社も数が増えました。インターネットと生命保険の保険会社です。-

link/ 00/ 01/ 02/