| 

学資保険の保険金と確定申告

学資保険に加入すると、その契約によりますがお祝い金や満期金として保険金が支給されます。特に入学時のお祝い金や満期金の場合には金額が上がります。その場合には、確定申告の対象となる可能性がでてくるので、計算して確かめなければなりません。満期保険金や満期返戻金などは一時所得として扱われます。生命保険の満期金なども同様なのですが、ここで計算をして一時所得の金額を確定しなければなりません。

一時所得の計算方法は、(収入額−その収入に係わる経費−特別控除50万円)×1/2=一時所得ということになります。受け取った保険金が、払い込んだ保険料を50万円以上上回った場合には一時所得が発生して、確定申告しなければなりません。せっかくもらった保険金なのに税金がかかってしまうのは残念ですね。もちろん、自分が払い込んだ金額分は預けたお金が返ってきたのと同じですので、そこに税金はかかりません。いわば、保険会社に投資して増えた金額分には税金をかけますよ、ということなのでしょう。

学資保険の比較をして自分のライフプランに合った学資保険に加入すれば、学習塾の月謝や入学金など教育に必要な資金を受け取ることができるのです。その上、返戻率の100%を上回った分は利息として収入になる訳ですので、その分に税金がかかってもしかたがないといえるでしょう。子どもの教育に必要な資金を準備することができれば、目的は果たしたのですから、満足できるかもしれません。

生命保険の商品は簡単には理解できないものだと考えられています。そこでそもそも生命保険は何のためのものなのでしょうか。それを考えましょう。ネット生保の人が増えています。さて突然病気になって長い入院をしたらどうなるのかまた病気や事故で死亡したらどうなるのか。自分にとってどのような保障が必要なのか。生命保険を考えるときにこの点をよく頭に置きましょう。-住宅ローンを乗り越えればマイホームが見えてきます。マイホーム購入者が悩むのは住宅ローンによる長い人生での支払う金額を計算し考えることです。充分に悩んで相談すれば住宅ローンに関する問題も悩んでいるよりも簡単かもしれません。勤務先がこのまま給料を払い続けるのかという不安もあり簡単なことでは決してありません。住宅ローンは大変ですがマイホームです。-

link/ 00/ 01/ 02/