| 

学資保険の返戻率で比較

学資保険の比較をする際に注目したいポイントの一つが返戻率です。返戻率とは、払い込んだ保険料に対してどれくらいの割合の保険金が支給されて返ってくるか、を表わした数字です。例えば、ある学資保険に加入して18年間払い続け、保険料の支払い合計が190万円になったとしましょう。逆に、その期間中に受け取った保険金の総額が210万円となれば、払ったお金に対して110%ほどの金額が返ってきた、ということになります。これが返戻率なのです。

子どもを育てていく上では、学習塾の月謝やスポーツ少年団の費用をはじめ、入学金や授業料など多額の費用がかかります。それを小さな頃から貯めておこう、という訳です。返戻率が100%を下回って、死亡保障もたいしたことがないとなれば、貯蓄したほうがよい、ということになります。返戻率の100%を上回った部分と、死亡時の保障をあわせたものが、貯蓄を上回るなら、賢い利用法といえるでしょう。

もちろん、貯金の苦手な方もおられ、保険料のように毎月決まった額を払い込んでいないと使ってしまう場合もあるでしょう。そのような場合には、積み立ての代わりとして学資保険を活用することもできるでしょう。毎月保険料を払い込んでいれば、いつの間にか必要な教育資金ができており、いざという時にあわてないで済むでしょう。

生命保険を選ぶ際も同じですが、払い込む保険料に見合った保障や満期金があるのかどうか、差引勘定をすることが大切です。

生命保険の払い方で団体保険と言う保険があります。グループ扱いの保険や給料引き去りの保険もあります。勤務先が保険会社と一定の契約をしている時に使えます。グループ保険ないしは団体保険と呼ばれる制度です。お給料から天引きされるのが普通です。保険料は安く設定されています。保険を考えるには団体保険を調べることです。-インターネットなどで生命保険の保険通販がかなり多くなっています。多くの乗り合い保険代理店がネットでの医療保険やガン保険を見てみましょう。インターネット保険や共済で保険比較ができます。それが保険選びのポイントです。-

link/ 00/ 01/ 02/