| 

子どもの入学と学資保険

学資保険を比較する際に検討すべきポイントの一つは、保険金支給のタイミングです。実に様々なプランが存在し、どれがいいのか迷うほどです。3年ごとに保険金が支給されるプランもあれば、5年ごと、学校入学時、高校入学時、大学入学時とラインナップが豊富です。高校受験の場合には、志望した公立高校に入れなくて急遽私学に入学するケースもあるでしょう。中学時代は学習塾の月謝もあり余裕がないところへ、いきなりの入学金となれば頭が痛いものです。そうはいっても子どもには高校に行かせたい。そんな時に数十万円の支給があれば、こんなに助かるものはありません。

大学入学の場合には、公立であっても入学金や授業料、そして生活費や引越し代など、特別に費用がかかるものです。前もって備えて置くなら、子どもの希望をかなえてあげられるかもしれません。

親が万一死亡した場合には、その後は保険料の払込なしで予定通りの保険金支払いがされていきます。いわば、親の生命保険の代わりにもなるのです。

保険商品によって、満期がお子さんの18歳の場合と22歳の場合が設定されています。それ以後は、お子さんには自分で人生を切り開いていって欲しいものです。

学資保険の比較をする場合には、早目に検討する必要があります。この学資保険は、加入できる期間が決まっていて、子どもが0歳〜7歳までになっているのです。小学校も中学年になってから始めようとしても遅いことになりますので、お子さんの就学前には検討してみてください。

生命保険や医療保険収入保障保険や節税の保険のことを積極的に勉強しましょう。分からないことがかなりあるでしょう。医療保険そして所得補償保険や火災保険そして一時払いの貯蓄のための保険と様々です。-しっかりとこの問題について話し合っておけばいいに解決となるでしょう。遺言書さえあれば収まるのかはそうでもなく財産分けについては容易なことではないのです。どの家でもうまくいくとは限らないのが相続問題で、その解決は相続税申告でありどんな家でも大変な問題です。遺言書と相続対策の問題はこのように考えることが重要です。-

link/ 00/ 01/ 02/