| 

学資保険とガン保険

学資保険とガン保険の違いは「お子さんがいるなら学費は必ず必要になる。しかし、ガンにはかからない人もいる」ということではないでしょうか。どちらの保険も、いったん加入をしたら、保険料を支払い続けなえれば、保障を得られなくなります。そうすると「家計が苦しいから、加入をしないでおこう」と考えてしまう人がいるのですが、それは間違いです。むしろ、イザというときにお金が準備できない人ほど、保険には入っておくべきなのです。貯蓄が充分にあって、学費を用意できる、ガン治療にも対処できるという人は、保険に加入しなくても良いのかもしれないのですよ。

学資保険は「途中で解約をして、得をすることはほとんどない」と言えます。保険には分類されていますが、最近は「貯蓄性」を重視して商品を選ぶ人もいます。返戻率が100パーセントを超えるもの、銀行預金より利率が良いものを選ぶと、確かに満期保険金として大きな金額を受け取ることができます。ただ、高すぎる保険料を設定して、途中で家計が破綻することになれば、解約返戻金は低額になってしまうことが多いのです。

また、ガン保険については「先進医療を受ければ助かるかもしれない」というときに、保険でその費用をカバーしてもらえるので、加入していれば安心ではあります。

ただ、終身タイプの保険というのは保険料が高くついてしまうので、どうしても無理ならば定期タイプの保険を選んでおく、というのも考えたほうが良いかもしれません。

いずれの場合でも「自分には必要ない」という決めつけや、「保険料の負担が大きいから、加入できない」という思い込みで判断するのはもったいないです。ファイナンシャルプランナーなどのプロに相談すれば、保険加入の道が見つかるかもしれませんので、どうか諦めないで下さい。学資保険、ガン保険のどちらを優先して加入していくべきかも、ぜひとも専門家に相談して、ライフステージにあわせた選択を行ってくださいね。

保険をどんな人に相談しますか。その相談結果がどうなるかでどんな保険のプランになるかが決まります。安易に取り組まないことです。じっくりと考えてそして悩んで保険の検討をしましょう。このような保険問題についてあらかじめ考えておけば意外にいい解決をします。生命保険の比較はネットで考えましょう。
生命保険について
hoken-erabi.net/
自動車保険や車両保険をどうしようかということはどのような車でもとても難しい問題と思われています。自動車保険や車両保険選びについてそんにきっちりと考えることもないのです。自動車保険を比較検討するにはFPに話を聞いてもらうのも大切なことです。自動車保険や車両保険選びについてとても難しい問題と思われていますが何とかなるでしょう。
自動車保険
自動車保険のページ…自動車保険選びネットから…
hoken-erabi.com/

link/ 00/ 01/ 02/