| 

学資保険と医療保険

学資保険も医療保険も、加入すると「保険料を支払わなければならない」点には注意が必要です。満期保険金を受け取ることができたり、医療保障を得られたりするのは「保険料を払い続ける」という前提があってのことです。ただし「家計が苦しいから、保険には入らない」というのは、考え方が逆です。家計が苦しいからこそ、保険には入っておくべきだと言えるのです。

たとえば、学資保険に加入していると「親御さんが亡くなってしまった場合でも、学費を確保することができる」というメリットがあります。また、親御さんが亡くなった場合や、高度障害の状態になった場合には、その後の保険料の払い込みが免除されるというケースも多いのです。

一方で、貯蓄をすることで学費を確保しようと考えていると「貯蓄に回せるお金がないときは、貯蓄が増えない」ということになります。また「ある程度の時間がかからないと、必要な金額が貯まらない」ということにもなります。

また、医療保険についても「家計が苦しいからこそ、保険で保障を確保しておくほうが安心」とは言えます。ただし、医療に関しては「まず、公的な様々な制度を活用することを考え、それでも賄いきれない部分を、医療保険から得られる保障で確保する」という考えが必要です。そうすることで保険料を抑えることができ、無理なく保障を確保することができるのです。

学費に関しては「奨学金や教育ローンなどの制度もある」ということを知っておけば、加入できなくても将来を悲観しすぎることはないでしょう。ただし、奨学金を利用して高校や大学に行くと、学生さんは「社会に出る時点で、既に負債を背負っている」という状態になることは、気をつけておくほうが良いでしょう。

いずれの場合にも「家計に余裕がない人ほど、保険にはできるだけ入っておくべき」「もしも保険に加入できなくても、他の方法もあるので、将来を悲観しすぎることはない」ということを、知っておいてください。

ガン保険は医療保険とは違います。ガンにより入院した時ににありがたい保険にこのガン保険があります。ガン保険が生活を支えます。ガン保険を考えてみましょう。医療費をどうしたらいいのか。その医療費、手術費などをガン保険でカバーできます。ガン保険には死亡保険が付いているものもあります。検討比較をするとその差がよくわかります。
保険選びnet | がん保険のページ
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9009.htm
充分に考えてから進めれば保険選びの経済的問題も予想したよりスムーズかもしれません。収入保障保険や節税の保険などの生命保険、生命保険やガン保険、火災保険そして一時払いの貯蓄のための保険と様々です。保険の評判の知識があることで安心して暮らせるという側面を見ましょう。-

link/ 00/ 01/ 02/