| 

ファイナンシャルプランナー相談

生命保険で確保しておくべき保障は「葬儀代、ご遺族の生活費、住宅に関する費用、お子さんの教育費」だと言われています。どのくらいの額の保障が必要かは、「どんな葬儀をして欲しいか」「お子さんが通っているのが私立か公立か?」「お子さんにどんな教育を受けさせたいのか?」などによっても異なります。ご自身の希望を明らかにすることを、ファイナンシャルプランナーが手伝ってくれることも多いです。

FPに生命保険の相談をするならば、生命保険だけではなく、資産の状況を全体的に把握して、今後の人生設計を考える必要があります。というのは「葬儀代やご遺族の生活費、その他の保障を確保する方法は、生命保険だけではない」からです。既に学資保険に加入しているという人と
そうでない人とは、生命保険で必要な保障が変わってきます。また、住宅ローンを組んだ人は、団体信用生命保険に加入するケースがほとんどですので、住宅費用に関しての心配はなくなります。

さらに、預貯金がどのくらいあるか、ご夫婦が共働きかどうか、共働きならどのくらいの割合で、生活費を負担していたのかどうかによっても「ご遺族の生活費」として確保しておくべき金額はことなります。一人で考えていると、行き詰ってしまう人も多いものですが、ファイナンシャルプランナーならば、資産相談や生命保険の相談のプロですので、落ち着いて相談に乗ってくれるでしょう。プライベートの情報を相談することになりますので、信頼のできるFPを探すことが大切ですね。

医療保険は生命保険会社の商品です。病気で入院すればそのときに考えるのが医療保険です。入院は大変です。その費用を考えます。医療費は必要です。その医療費の一部を医療保険として積み立てます。医療保険の比較をすると差が分かります。
医療保険|生命保険選びネット
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/iryohikaku01.htm
相続と遺言に関する手続きはきちんと手続きをきちんととることが肝要です。スムーズな遺産分割にするには相続分の問題を気楽に考えないことです。多くの場合遺産相続についての問題は資産をたくさん持っている場合の考えないといけない問題です。遺産分割することについてあらかじめ考えておけば結構確実にうまくいきます。-ファイナンシャルプランナーが無料で相談してくれる生命保険無料相談サービスがあります。生命保険や医療保険学資保険はどんな専門の人と相談をしようとしているのでしょうか。どんな経験のある人に相談するかは極めて大切なことがらです。この生命保険無料相談サービスについても検討しましょう。保険を選ぶにあたってはこのように考えることがポイントです。ファイナンシャルプランナーで生命保険。-

link/ 00/ 01/ 02/