| 

学資保険と生命保険相談

学資保険に加入すると、次のような保障が得られます。まず保険料を満期まで支払い続けることで、学費を確保するための満期学資金が得られます。もしも、親が亡くなった場合には、それ以降の保険料の支払いが免除されるという商品もあります。それに加えて、親が亡くなった場合に育英年金を受け取ることができる商品、子どもの病気やケガに備える医療保障を受けられるもの、子どもが他の子どもに怪我をさせるなどしてしまった場合に、賠償責任を果たす必要が生じたときの保障が得られるものもあります。

学資保険に加入するなら、生命保険相談も一緒に受けると良いでしょう。生命保険に加入する際には「葬儀代、遺族の生活費、住宅費用(住宅ローン、家賃)、子どもの教育費」を確保するために、どのくらいの保障が必要か、考えている人も多いでしょう。学資保険に加入することで、生命保険で確保しておくべき保障の内容が変わってくることがあるのです。たとえば「生命保険で遺族の生活費や教育費を確保しておきながら、育英年金も受け取る」という形にすると、保障が重複してしまうことになります。そのため、生命保険相談をきちんと受けて、保険の全体像をつかんでおくことが大事なのです。

特に、育英年金について注意が必要です。普通は「受取人=子ども」となるのですが、これは「子どもの所得」とみなされてしまいます。

この金額が、38万円を超えてしまうと「課税所得」が発生してしまいます。そうするとお子さんが納税をする必要が出てきたり、親の「扶養親族」ではなくなったり、さらに健康保険も子どもが別個に加入しなければならない、といった影響が出てきます。

ご家庭の状況によっては「育英年金がないと困る」ということもあるかもしれません。だから「全てダメだ」ということではなく、こういったデメリットを知った上で、利用すべきだということになります。これらの点も、生命保険相談を受けることで、疑問点を解消できますね。

生命保険をどんな人に相談しますか。このようなファイナンシャルプランニングの問題についてあらかじめ考えておけば意外にいい解決をします。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPとして生命保険について相談に乗ってくれる人もいます。どのようなコンサルをしてもらえるかでどんな生命保険のプランになるかが決まります。ファイナンシャルプランナーと保険を考えましょう。コンサルは役に立ちます。-自分が死んだときに必要な金額を悩むようになるのは結婚した時だったという方が多いようです。そのように人生のふと目と言える時に自分が死んだときに必要な金額と生命保険を勧められるのは意識することになるのでしょう。保険ショップがポイントだと分かるようになります。ライフプランや人生設計のことをよく知りましょう。保険ショップです。-

link/ 00/ 01/ 02/