| 

学資保険と保険ショップ

学資保険への加入を考えるときに、思わぬ勘違いをしてしまうことがあります。お子さんが15才から18才になったときに保険の満期を迎えるようにして、高校や大学などまとまった費用が必要なときに、充分なお金を確保する人が多いでしょう。ところが「幼稚園から大学まで子どもを進学させると、800万円〜2000万円ほどの学費がかかる」というデータに、惑わされてしまうことがあるのです。

このデータは「お子さんの今から将来にわたっての全ての学費を合計すれば、このくらいかかる」ということなのです。学資保険で準備をするのは「お子さんが中学や高校を卒業した時点」で必要なお金なのです。

お子さんが「高校に入学した」ならば、「幼稚園、小学校、中学校」への学費は支払い終わっていますので、「高校以降の費用」を保険で準備することになるのです。保険ショップで相談することで、こういった「勘違い」を正してもらうことができます。

最近は、奨学金を利用する学生さんが増えています。学資保険を「学費の負担の前倒し」だと考えるなら、奨学金や教育ローンの利用は「学費の負担の先送り」だということができるでしょう。ただ注意が必要なのは「奨学金を利用すると、学生さんが社会に出るとき既に、負債を抱えた状態になる」ということです。奨学金の返済を滞らせれば、ご本人がクレジットカードを作りづらくなったり、住宅ローンの利用がしづらくなったりというデメリットがあります。

こういった注意点も、保険ショップで相談をすれば、わかってくるかもしれません。

仮に充分な金額を用意できなかったとしても、大学生になればアルバイトもできますし、ご本人の力で通学・進学ができる方法を探すこともできるかもしれません。むしろ、高校生や中学生の間に、経済的な問題が起こってしまうと、学生さん本人が何とかできる部分が少ないのです。それまでのマネープランについては、どうしても親御さんがしっかりと考えてあげなければいけませんし、そのためには保険ショップでファイナンシャルプランナーに相談するというのも、良い方法だといえるでしょう。

様々な保険商品があります。保険会社は絶えず新しい保険商品を販売してきます。そのような保険商品の海から自分に合った保険を選びます。悩んだならば生命保険相談を試すことです。生命保険の選択は安易にできるものではありません、自分のの年齢は?年金はどうですか?考えることはたくさんあります。
保険相談について
hoken-erabi.net/soudan/
生命保険にはいろいろな事件があります。保険の自由化が進んだことで安価な生命保険も見つけられるようになりました。その保険に関する動向をしるのはけっこう大変です。ネット生保を考えましょう。
ネット生保
ネット生保のページ…インターネット生命保険の比較と落し穴から…
e-net-hoken.com/
保険ショップでは確り比較し検討して人生設計と保険のことを決めましょう。大切なのはここです。それが保険の見積りで大切です。結婚や家族のことを考えることでどの生命保険がいいかわ当然変わってきます。きっちり覚悟してライフプラン設計に望まないといけません。保険ショップでもちゃんと見抜くことが重要です。
保険ショップについて|保険ショップインフォ
http://www.hoken-shop.info/

link/ 00/ 01/ 02/